社労士の夜間学校一覧

社会保険労務士の夜間学校・講座一覧

会社員やサラリーマン、OL、フリーランスなど主に社会人受験生が大半を占める社労士試験は、その多くが仕事しながら合格を目指す人となります。そのため、社労士夜間学校に関心を高めている方もいるのではないでしょうか。特に日中に仕事している方においては、夜の時間帯に少しでも学習を進めたいという思いの方は少なくないはずです。

 

ここでは全国的に口コミ人気の高い社労士予備校、専門学校のスタンダードコースに注目!夜間受講が可能なスクールを一覧にしてまとめていますので、参考比較としてご覧下さいね!

 

※こちらで表記している時間帯等は、今後変更になることも考えられますので、公式HPや資料請求するなど確認して下さいね!また各学校の他の講座、コースにおいても実施している教室、時間帯が異なりますので、再度確認する必要があります。

 

 

通信講座なら夜間・早朝いつでも、どこでも学習OKです。

 

忙しい方で社会保険労務士試験対策を検討されている方はクレアールがおすすめです。

 

 

総合本科生

 

教室講座実施校:札幌校、◎仙台校、◎水道橋校、◎新宿校、◎渋谷校、◎八重洲校、◎立川校、◎町田校、◎大宮校、津田沼校、◎名古屋校、◎京都校、◎梅田校、◎なんば校、神戸校、◎広島校、◎福岡校 ※◎がついている校舎は夜間クラスあり(19::00~または、18:45~)

 

個別DVD講座開講:札幌校・仙台校・水道橋校・新宿校・池袋校・渋谷校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・京都校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校・福岡校

 

個別DVDブース:視聴時間帯(1)9:30~12:30 (2)12:30~15:30 (3)15:30~18:30 (4)18:30~21:30 ※日曜日は(4)の時間帯はありません。

 

社労士予備校として合格者を数多く輩出しているTACは、夜間クラスも用意!駅に近い場所に校舎がありますので、仕事帰りに受講することができます。また個別DVD講座なら自分のスケジュールに合わせて学習を進めていくことができ、午前、午後、夕方、夜間から選ぶことができます。

 

 

提携校など合わせると全国に多数の教室を構えている大栄は、社会保険労務士試験に特化した講座を開講!主に通学は自分の都合に合わせて受講できるフリースタイルとなっています。教室により、営業時間は異なりますが、平日は21:00まで開講しているところが多いようです。

 

そのため夜間開講している社労士予備校をお探しの会社員、フリーター、主婦、学生は、大栄はピックアップしておきたい資格スクールとなります。※ライブ講座実施校は各自で確認して下さいね!

 

 

社会人講座(社労士合格コース)

 

教室講座実施校:札幌校、水道橋校、池袋校、新宿校、町田校、立川校、横浜校、千葉校、津田沼校、柏校、大宮校、富山校、静岡校、浜松校、豊橋教室、名古屋校、岐阜校、難波校、梅田校、神戸校、京都校、愛媛校、福岡校、小倉校、熊本校

 

全日:10:10~16:10
午後:13:30~16:00
夜間:19:00~21:40

※校舎により多少、時間が異なります。

 

コースにより実施校や時間帯が異なりますが、大原の社会人講座社労士講座は、全日のみ、夜間のみ、また全ての時間帯に実施している校舎があります。

 

そして教室講座のほかに、映像教室(各校舎で実施)の選択も可能で、視聴時間帯は、(1)9:00~12:00 (2)12:10~15:10 (3)15:20~18:20 (4)18:30~21:40のように区切られているところやフリー受講という校舎もあり、大原は夜間通学が可能な社労士専門学校として社会人、学生は注目です。

 

 

社労士しっかり基礎+合格コース / 合格コース

 

教室(ビデオ講座、ライブ講座)実施校:新宿エルタワー本校、水道橋本校、渋谷駅前本校、新橋本校、池袋本校、横浜本校、神戸本校、京都駅前本校、梅田駅前本校、難波駅前本校、札幌本校、仙台本校、名古屋駅前本校、広島本校、福岡本校、福岡古賀校【提携校】 

 

※静岡本校、岡山本校(夜間なし)、富山本校(夜間時間17:30~20:00)

 

LEC社労士講座は、夜間クラスを設けている校舎は多く、主に19:00~21:30の時間帯に受講することができます。そして通学も通信も乗り入れ自由ですので、勤務先や自宅に近く等、その日に行きやすい本校で受講できるため便利です。

 

また提携校のWebクラスは自由な時間帯に個別ブースで受講できるスタイルですので、通勤通学帰りなど立ち寄り、夜、遅い時間に学習することも可能です。