徳島県の社会保険労務士専門学校・予備校一覧

徳島県の社会保険労務士専門学校・予備校一覧

社会保険労務士は、人事、労務、年金のスペシャリストとしてキャリアアップ、職場で活躍を広げることができ、男性だけでなく近年においては女性からも注目されている資格となります。そして受験まで時間に限りのある受験生にとって専門予備校での試験勉強は有効として考えられます。

 

ここでは徳島県で社労士資格講座を開講している学校を紹介!口コミ&評判を交え特徴や魅力をまとめていますので、徳島市、阿南市、鳴門市、小松島市、阿波市、三好市、美馬市の社会人、学生は参考比較としてご覧下さいね!特に主要駅である徳島駅は資格学校が点在!通勤通学で乗り入れしている方は便利となっています。

 

また県内は通学できる学校が限られていますので、クレアールや資格スクエア、たのまな(ヒューマンアカデミー)などオンライン学習も視野に入れ検討してみてはいかがでしょうか。比較的、低料金で受講することができ、費用を抑えたい、自分のペースで勉強したい方におススメです。

 

※こちらで掲載している情報は今後、変更となることも考えられますので、公式HP,資料請求で確認する必要があります。

 

徳島でおすすめの社会保険労務士予備校、専門学校はココ!

 

資格のTAC(提携校)

 

所在地:徳島市寺島本町東3-12-7 マスダビル3F
アクセス:JR徳島駅より徒歩1分
受付営業時間:月~金 9:00~19:00 / 土・日 9:00~17:00 ※祝日休校
学習スタイル:通学 教室、個別DVD講座 / 通信 Web、DVD講座

 

  • 2名の講師陣(科目ごとに交代)による生講義を実施!
  • 長年のノウハウと最新の試験傾向を反映!
  • 教室講座を欠席された際や予習・復習の際にDVDで講義を視聴

 

穴吹ガレッジサービスが運営している徳島のTACは、社労士試験に特化しており、H28年度も合格者を輩出しています。モチベーション高める教室講座を開講!フォロー体制も万全ですので、安心して学習を進めていくことができます。

 

分かりやすい講義に親身に応えてくれる講師は口コミ定評があり、『知識ゼロから無事合格することができました。 教室講座では講師の先生に直接質問ができ、DVD学習では、岡根先生の講義で楽しく理解を深めることができました。』という合格者の感想が見られます。

 

そして徳島駅近くにありますので、市内はもちろんですが近郊の小松島市、勝浦町、松茂町、北島町、藍住町の受験生も注目しておきたい社労士予備校となります。

 

資格スクール大栄

 

所在地:徳島市寺島本町西1-7-1 徳島駅前171ビル5階 (旧:日通朝日徳島ビル)
アクセス:JR徳島駅から「そごう」方面へ
営業時間:月曜~土曜10:00~21:00 / 日曜・祝日10:00~18:00

 

  • 本科講座:46回、6ヶ月~
  • 初心者コース(本科+答練):69回、7ヶ月~
  • 個々のレベルに合わせたFor You答練搭載

 

大栄の社労士資格講座は、「まとめ講義」「論点講義」「直前総まとめ」を組み込んだカリキュラムで、振り返りしやすい授業と、問題演習で合格を目指します。そして教材は合格に必要な知識を分かりやすくインプットできるテキストに、本試験の傾向と自分の理解度を確認できる問題集を提供。

 

さらに大栄の答案練習「For You答練」については自分の弱点に合わせて問題を変えることができ、模擬試験と合わせて着実に得点アップを狙うことができます。そこで徳島駅近くに校舎がありますので、仕事帰りに立ち寄りやすく、夜間受講も可能でオンデマンド講座は自分のスケジュールに合わせて学習を進めていくことができるのも社会人受験生にとっては魅力です。

 

校舎のある市内はもちろん通信ネバギバでも開講していますので、徳島県で社労士に特化している専門予備校をお探しの方は注目です。

 

LEC東京リーガルマインド

 

通信講座:「Web+スマホ+音声ダウンロード」と「DVD」の2種類。メディアの機能・特徴を活かすことで、時間の短縮やスキマ時間の活用など、目的に応じた効率的な学習が可能

 

LECは通学のほかに通信講座も充実しており、校舎のない徳島県の受験生も社労士試験勉強できる資格予備校となります。そして通信生限定 応援特典などもあり、いつでも見られるWeb動画と持ち運び可能な音声ダウンロードで、どこでも、何度でも繰り返し視聴することができます。

 

また初学者向け、学習経験者向けの講座も多様に用意していますので、学習レベルや目的に応じて選ぶことができ、ムダ、ムリなく合格に必要な実力を身につけることができます。そこで近郊都市にある校舎への通学も可能ですが、日々忙しく働いている社会人の方は、LEC通信スタイルによる受講も検討してみてはいかがでしょうか。